スポンサーリンク

有酸素運動と無酸素運動の違い|ダイエットにおすすめなのは?

有酸素運動と無酸素運動の違いを把握してますか?

ウォーキングなどの有酸素運動は、脂肪燃焼に効果的だと言われていますが、
それだけでは、なかなか思ったようなダイエット効果は得られませんよね。

実は、有酸素運動も無酸素運動も、
2つとも取り入れた方がダイエット効果はアップします!

ただし、運動する順番や組み合わせ方などによっても差が出てきます。

なので、この記事では、
より効果的にダイエットにつながりやすいようにするために、

それぞれの運動の特徴や、効果的な順番や組み合わせ方など、
分かりやすいようにご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

■有酸素運動って?

酸素を取り入れながら行う運動のことを「有酸素運動」と言い、
ゆっくりとした動きで「呼吸」が大切なポイントになります。

ちなみに、この有酸素運動は、体脂肪を燃焼するため、
脂肪を減らすダイエットに向いています。

メタボなどの体脂肪を減らす目的でも、有酸素運動が推薦されています。

有酸素運動の代表的なものには、「ウォーキング」や「ジョギング」、
「サイクリング」、「踏み台昇降運動」、「ヨガ」などが挙げられます。

激しい運動ではなく、弱い負荷で出来るため、
運動の苦手な人や女性、年配者でも無理なく始められます。

有酸素運動を行うことで脂肪が燃焼する目安の時間は「20分」なので、
最低でも20分以上は続けたいところ。

続けると言っても、トータルで20分以上であればOKなので、
例えば10分運動して一休み。また10分行う。このように合計20分でも効果はあるので、
無理しないでマイペースで行うことをおすすめします。

■無酸素運動って?

無酸素運動は、有酸素運動と逆で酸素を必要としない運動で、
「筋トレ」など筋肉を使いながら短時間で行います。

無酸素運動では、血中の糖質がエネルギーとして使われるので、
血糖値などが気になる人にはおすすめの運動だと言えます。

血中の余分な糖がなくなることで、血液サラサラ効果が期待できます。

また、この無酸素運動は、瞬発力を使う運動でもあるので、
筋肉に溜めてある糖質も同じようにエネルギーとして使われるんです。

筋肉量を増加させる目的の運動でもあります。

筋肉の量が増えると、基礎代謝量がアップし太りにくい体質になるので、
体質改善にももってこいの運動です。

また、無酸素運動は、成長ホルモンの分泌量もアップさせる効果があります。

成長ホルモンの分泌が促進されると、
脂肪分解力も高まるのでダイエット効果が期待できます。

ちなみに、この成長ホルモンの効果は、何と「48時間」も持続するので、
筋トレなどは毎日行わなくても効果がキープされるんですね。

目安としては、週に2~3回程度。これだけで十分な効果が期待できます。

■ダイエットには有酸素運動も無酸素運動も必要?

ダイエットには、どちらか一つではなく、有酸素運動も無酸素運動も必要です。

なぜなら、脂肪は筋肉がないと燃焼しないので、
有酸素運動だけではダイエット効果はあまり期待出来ません。

なので、減量目的の人は、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて、
効率よくダイエットすることをおすすめします。

順番としては、無酸素運動の後に有酸素運動をすること。です。
そうすることで、脂肪燃焼効果がアップしますし効果も持続しやすいんです。

なぜなら、「無酸素運動」をして「成長ホルモン」が分泌されると、
その成長ホルモンが、血中の「遊離脂肪酸」を燃焼させる働きがあるので、
その後に「有酸素運動」をすると効率よく脂肪燃焼できると言うわけです。

ちなみに、スポーツジムなどでウォーミングアップ目的で、
最初に軽くエアロバイクなどをしてから、筋トレ。最後にヨガなどの有酸素運動。

このようなプログラムで運動する人も多いと思いますが、
ウォーミングアップ目的なら、それほど気にする必要はありません。

その場合は、エネルギーが不足しないように軽く行うようにしましょう☆

基本は、「無酸素運動」の後に「有酸素運動」の順番がダイエット効果は大きいです。

■「有酸素運動&無酸素運動」悩み別での組み合わせ方☆

有酸素運動と無酸素運動は、鍛えたい(痩せたい)部分によって、
おすすめの運動も違ってくるので、ぜひ参考にしてください。

【全身を鍛えたい人】
・無酸素運動⇒スクワット  ・有酸素運動⇒ピラティス

【上半身を鍛えたい人】
・無酸素運動⇒腕立て伏せ  ・有酸素運動⇒腕振り運動

【下半身を鍛えたい人】
・無酸素運動⇒スクワット  ・有酸素運動⇒ウォーキング

【ポッコリお腹を解消したい人】
・無酸素運動⇒腹筋     ・有酸素運動⇒踏み台昇降運動

基本的に、無酸素運動は10分程度、有酸素運動は20分程度でOKですが、
有酸素運動は10分づつ2回に分けて行っても大丈夫です。

自分に合わせたペースで無理のないように行うのがポイントです☆

■有酸素&無酸素の2つの運動を取り入れると効果的☆

ダイエット効果をアップするには、
有酸素運動と無酸素運動の2つを取り入れるのが理想です。

ほどよく筋肉をつけて、バランスよく痩せるには、
2種類の運動の組み合わせは必須!

女性の中には「筋トレはキツそうなので無理~!」
と思っている人もいるかもしれませんが、やり始めると案外大丈夫なものです。

最初は短めの時間でも良いので、少しづつ長くしていって慣れるのが一番です!

回数を重ねるごとに少しづつ筋肉も付いていくので、
そのうち時間は気にならなくなりますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする