スポンサーリンク

ウォーキングのやり方|有酸素運動で体のアンチエイジング!

ウォーキングの理想的なやり方をマスターしてますか?

ウォーキングと言えば数ある有酸素運動の中では最もポピュラーなので、
健康のために始める運動の代表選手になってますね☆

それに運動と言っても【歩くだけ】なので、
老若男女関係なくどなたでも気軽に始められるのもメリットですよね。

しかし、正しいウォーキングのやり方を知らない人が案外多いのです。
やり方(歩き方)が間違っていると効果も半減してしまいます。

歩く距離や時間はもちろん、
歩き方やフォームによっても脂肪燃焼やエネルギー消費量に差が出ます。

どうせやるなら、、、
一番効果のあるやり方でウォーキングしなきゃもったいないですよね。

健康目的の人もダイエット目的の人も、
ウォーキングの理想的なやり方を把握しておきましょう。

理想のやり方とは言っても何ら難しいことはないので大丈夫です。
気軽にサラッと身に着けてしまいましょう!

スポンサーリンク

■ウォーキングに欠かせない3つのポイントって?

まずウォーキングをやる時間帯ですが、
一番効果を実感しやすいのは1日の中では朝食前です。

有酸素運動をすると、最初に糖質がエネルギーとして使われるんですね。
なので血液中に一番糖質が少ないと思われる時間、
つまり朝食前だと糖質の代わりに脂肪が燃焼しやすくなります。

ただ朝食前に時間をとれないと言う人も多いでしょうし、
そんな方は無理をしてまで時間を作らなくても都合の良い時間に行いましょう。

次にどのくらいの時間ウォーキングを行えばよいのかと言うと、
目安は20分以上です。

ちなみに以前は運動を開始してから20分以上経過しないと、
脂肪が燃えないと言われていましたが、、、

最近のデータによると開始して5分も経つと脂肪が燃えることが分かってきました。
それでも20分以上経過した方がより脂肪燃焼の効果は大きいようです。

あと服装は体を動かしやすい軽装がベストですね。
靴は履きなれたもの、ズックやスニーカーなど歩きやすいものを準備しましょう。

さて。
いよいよ具体的な歩き方ですが、、、
ウォーキングに欠かせない歩き方には以下の3つのポイントがあります。

●背筋を伸ばし肩の力を抜いて腕を振って歩く。

●いつもより歩幅を大きくとり歩くスピードを速めにする。

●かかとから着地し、親指(足先の方)に力を入れて蹴り出すように歩く。

この3つのポイントをおさえて、
健康的で快適なウォーキング☆ライフを楽しんでください。

■消費カロリーはどのくらい?

ウォーキングを20分以上することで脂肪燃焼効果があるのは分かったけど、、、

「具体的にどのくらいカロリーが消費するの?」「ダイエット効果はあるの?」と、
消費カロリーを知りたい人も多いと思います。

特に痩せることを目的で始めた人は気になりますよね。

ウォーキングでの消費カロリーは、歩く速度によって違ってきますが、
前述した早歩きの速度だと、30分で約130キロカロリーくらい消費します。

ちなみに普段の歩き(散歩や買い物)の速度だと、
30分で約80キロカロリーくらいの消費量になります。

早歩きをすることで30分⇒50キロカロリーも差が出るのですから、
ダイエットが目的の人はやはり早歩きでウォーキングをした方が効果的ですね。

しかしですね
ウォーキング後の水分補給にカロリーの高い飲料水を飲むと、、、

せっかく消費したカロリーも、
プラマイ0になってしまいますから気をつけないとですね。

水分補給をする場合には、、、
ローカロリーまたは低カロリーのスポーツ飲料などにするのがベストです。

ちなみにごはん中盛り1杯(150g)が 252キロカロリーなので、
1時間のウォーキング消費量と同等と言うことになります。

■ウォーキングにはどんな健康効果があるの?

ウォーキングは「有酸素運動」なので、とにかく健康になりたい人、
健康をキープしたい人におすすめです。

具体的にどのような効果が期待できるのかと言うと、
高血圧や、高血糖、メタボ、糖尿病などの生活習慣病の予防と改善です。

健康診断で高めの数値が出てしまった人も、
医師や保健師から有酸素運動をするように指導されることが多いですが、
そんな場合でも「ウォーキング」はおすすめされる運動の一つです。

また骨粗鬆症の予防や改善にも効果が期待出来ます。

ウォーキングをすることで筋肉が動かされ骨の形成が活発になり、
血液中のカルシウムを骨に沈着させるように導いてくれます。
それによって骨密度が高まると言うわけです。

歩くだけなので道具も何も必要としませんし、思いたったらすぐにでも
始められるという手軽さも推薦される理由かもしれませんね。

他にも免疫機能の活性化を促してくれたり、運動不足やストレスの解消など、
さまざまな面での効果が期待出来ます。

また外を歩くことは適度な日光浴にもなりますし、
気分転換にもなるので良いことづくめですね。

健康な体を維持することと運動は切り離せない関係です。
体の内面からのアンチエイジングを目指す人は
ぜひウォーキングを習慣にして健康的な毎日を送りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする