スポンサーリンク

たまねぎ氷の効果|血管年齢のアンチエイジングにもってこい?

たまねぎ氷の美容と健康にもたらす効果が注目されています☆

玉ねぎ氷は作り方も簡単!
まとめて手作りしておくと、冷凍庫でストックも可能☆

血管年齢のアンチエイジングに最適な『たまねぎ氷』で
血液サラサラ効果を目指してみませんか?

この記事では、具体的にどのような美容&健康効果が期待出来るのか?
また、『たまねぎ氷』の基本的な作り方についても伝授します!

食べるアンチエイジングで、体の内側からのキレイを目指しましょう☆

スポンサーリンク

■こんなにスゴイ!玉ねぎ氷の美容&健康効果

たまねぎ氷に使用する「玉ねぎ」ですが、
この玉ねぎにはさまざまな健康効果が期待出来るんですね。

あらためて「玉ねぎ」についてじっくりと調べたのですが、
「玉ねぎってスゴイ!!」と驚きでした。

では早速、以下に玉ねぎに期待できる健康効果について、
一つづつピックアップしていきますね☆

【血液サラサラ】

まずは何と言っても「血液サラサラ」効果です!

「玉ねぎ」=「血液サラサラ」と言う図式が出来上がっている。
と言う人も多いのではないでしょうか?

玉ねぎは血液サラサラ食材の代名詞になっていますよね。

なぜ血液がサラサラになるといいのか?と言うと、
血流が改善することで血管壁にかかる圧力を防ぐことができるんですね。

それが、血圧の上昇を抑えることにつながるので、
高血圧の予防になると言うわけです。

また、血液がサラサラになると動脈硬化にもなりにくくなるので、
血管系の病気の予防にもつながります。

玉ねぎの成分「硫化プロピル」は、加熱すると、
「トリスルフィド」と「セパエン」という2つの成分に変化するのですが、

この「トリスルフィド」と「セパエン」にも、
血液サラサラ効果が期待出来るんです。

【冷え性改善&太りにくい体質へ】

前述したように血液がサラサラになると、血行が良くなり冷え性改善につながります。
さらに玉ねぎに含まれる成分「ビタミンB群」が体の代謝をアップしてくれるので、
エネルギー効率もアップし、冷え性を改善へと導いてくれます。

また、体の代謝アップ効果で太りにくい体質を作ります。
血液サラサラ⇒冷え性改善⇒代謝アップ⇒太りにくい体質へ。
このような良いサイクルが出来上がります☆

【優れた抗酸化作用】

玉ねぎには「ケルセチン」という成分が豊富です。
このケルセチンは、ポリフェノールの一種で優れた抗酸化作用があり、
老化の原因となる活性酸素を除去してくれる働きがあるんですね。

活性酸素が増えると、体の細胞を傷つけるので、シワやたるみなどの肌老化や、
他にもさまざまな病気を引き起こす原因にもなってしまうんです。

玉ねぎには、この「ケルセチン」の優れた抗酸化作用と、
もう一つの成分「ビタミンC」が抗酸化作用をサポートするので、
さらに強力な抗酸化作用が期待出来るんです。

【コレステロールを下げる】

玉ねぎの成分「ケルセチン」には、
小腸でのコレステロールの吸収を抑える働きがあります。
特に脂っこいものが好きな人は、食事の際に玉ねぎ氷をプラスすることで、
コレステロールを気にせずに食事が摂れるのでおすすめです。

【血糖値の上昇を抑える】

玉ねぎの成分「ケルセチン」には、インスリンの過剰分泌を抑える働きもあります。
なので血糖値の上昇を抑える効果が期待出来るんですね。
血糖値の上昇は、糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因にもなるので、
それらの病気の予防としてもおすすめです。

【アレルギー症状の緩和】

玉ねぎの成分「ケルセチン」には、ヒスタミンの発生を抑える働きがあるので、
「花粉症」など、アレルギー症状の緩和も期待できます。

【整腸作用】

玉ねぎには、「オリゴ糖」という糖分も含まれています。
この「オリゴ糖」が、腸内に入るとビフィズス菌など善玉菌の餌となり、
乳酸菌などの働きを活発にするので、腸内環境の改善につながります。

■玉ねぎは「氷」にしないと効果が期待出来ないの?

玉ねぎは「氷」にしないと効果が期待出来ないのでしょうか?

という声が聞こえてきそうですが、、、
そう言うわけではないんです!

玉ねぎは料理しやすい野菜ですが、
毎日同じ量の玉ねぎを料理に使うとなると、ちょっと難しいですよね。

そんなとき「氷」にしてあれば、いろいろな料理にちょい足し出来るので、
調理アレンジしやすいからです。

せっかくの栄養満点野菜「玉ねぎ」ですから、
毎日食べないともったいないです!

以下に玉ねぎ氷の基本的な作り方もピックアップしたので、
ぜひ手作りして、冷凍庫にストックしておきましょう☆

■玉ねぎ氷を手作り!作り方はこちら☆

玉ねぎ氷の作り方はとても簡単!玉ねぎさえあればいつでも作れますよ。

基本の作り方は以下の通りです。

【材料】製氷皿2~3枚分

・玉ねぎ・・・ 中4~5個
・水 ・・・・ 200cc

【作り方】

1.玉ねぎは皮を剥き、先っぽと根っこを切り落とします。

2.剥いた玉ねぎを加熱可能なポリ袋に入れます。

3.ポリ袋に入れた玉ねぎをレンチンします。
(600Wなら20分、500Wなら24分を目安に)

4.3を汁ごとミキサーに移し、水200ccを加えて撹拌します。
とろとろのペースト状になったら別容器に入れて冷まします。

5.冷めたら製氷皿に分け入れ、冷凍庫へ☆
冷凍庫での保存は約2ヶ月程度OKです。

ちなみに、ミキサーがない場合は、すり鉢でする方法でもOKです。
その場合、玉ねぎは何等分かにカットしておいた方がすりやすいです。

加熱したものをカットしてもよいですが、
レンチンする前にカットしておいても大丈夫です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする