スポンサーリンク

宿便をプチ断食で出す方法|本当にスッキリと押し出される?

宿便。

「宿便」は、何と重さにして約3~5kgもあると言われています。

便秘の人はもちろん、毎日お通じがある人でも、
ある程度の宿便は溜まっていると言われています。

この宿便を出す方法として、「プチ断食」がありますが、
プチ断食をすると、本当にスッキリと押し出されるのか?などと、
気になる声が多々聞かれます。

この記事では、そんな「プチ断食」のやり方や、期待される効果、
宿便解消について把握しておきたいことなどをまとめました。

ごっそりスルンで腸内スッキリを目指したい人は必見です。

スポンサーリンク

■宿便の出し方~プチ断食

宿便の出し方で一番ポピュラーなのが、「プチ断食」です。

やり方は簡単シンプル。

約18時間程度を、水だけで過ごし、食事を一切摂らないようにします。

断食中は、食事を一切摂らない代わりに、
水を最低500ml以上飲むことがお約束です。

水は冷たいままでも、温めて白湯にしてもOKです。

「なぜプチ断食すると宿便が出るようになるの?」
との疑問をもっている人も多いと思います。

実は、宿便の大元、「便秘」になる原因は、食べ過ぎによるものが多いんです。

食べ過ぎることで、腸に負担がかかってしまい、腸の調子が悪くなっていき、
正常に働かなくなり、宿便となって溜まる。

宿便はこのようなサイクルで溜まってしまうんです。

なので、半日や一日とプチ断食をすることで、腸をゆっくりと、
休ませてあげることが出来るんですね。

ゆっくりと休んだ腸は、元気を取り戻して、
元のように腸内運動が盛んになり便秘解消へと導かれるわけです。

プチ断食は、腸の休息&復活にもってこいの方法なんです。

■プチ断食で抜くべきは「朝食」?

プチ断食を実行するにあたって、朝・昼・晩の3食のうち、
いつの食事を抜くのが良いのでしょうか?

プチ断食のやり方は、約18時間程度を、水だけで過ごすこと。ですが、
朝、昼、晩のうち、どの食事を抜くのが最もよいのか?と言うことですが、

ズバリ、おすすめは「朝食を抜く」です。

例えば、夕食を19時前後に食べた場合ですと、20時には食べ終えますよね。
とすると、翌日の12時(正午)でちょうど18時間経つことになります。

プチ断食は「18時間以上、食べないこと。」がルールなので、
12時以降に昼食を摂れば、プチ断食は成功と言うことです。

「18時間」と言うと、結構長い感じがしますが、
このように朝食を抜くやり方ですと、結構、実行しやすいかもしれませんね。

なぜなら、睡眠時間も含んでいるので、
昼食や夕食に比べると、スムーズに実行できそうですよね。

ちなみに、プチ断食の日は、夕食はいつも通りの量で大丈夫ですが、
昼食はいつもより軽めに。少なめの量を意識することを心がけましょう☆

■宿便と普通の便の見分け方は?どこがどう違うの?

宿便と普通の便をどうやって見分ければよいのか?
その違いを説明しますね。

まず色に関してですが、普通の便は「茶色」か「黄色っぽい色」に対して、
宿便の色は、「真っ黒」だったり、または「緑っぽい色」の時もあります。

なぜなら、宿便は、腸の中に長い期間溜まっていた便なので、
普通の便と違って、かなり腐敗が進んでいるからです。

ちなみに何故、緑っぽい色になるのかと言うと、
腸の中にいる細菌の死骸が緑色をしているためです。

その細菌の死骸が集まって、緑色になると言われています。

なので、真っ黒や緑っぽい色の便が出たら、
宿便が排出されたと思って良いでしょう。

また、臭いに関しても、普通の便よりもキツイ(臭い)のが宿便の特徴です。
これも長い間腸の中に留まっていたのが原因だと言われています。

いつもより臭いがきつい、真っ黒や緑っぽい色の便。

見た目やニオイで、最初は驚くかもしれませんが、
この宿便が自分の体から排出されたと思うだけで、

体はもちろん、心までスッキリと軽くなり、
さまざまな体調不良も、改善へと導かれる可能性が高いと思いますよ☆

■宿便対策としては、食生活の見直しも◎!

宿便を出すには、前述したように「プチ断食」もおすすめですが、
毎日の食生活を見直すことでも、宿便解消の効果が期待できます。

特におすすめなのは、たっぷりと「食物繊維」を摂ることです。

便秘の解消にも食物繊維は効果を発揮してくれますし、
まさに食物繊維は、腸内環境の改善にはもってこいなんです。

あとは、栄養バランスの良い食事メニューを心がけることも大切です。

例えば、外食ばかりなどで栄養が偏ってしまうと、
良い腸内環境が保てなくなり、便秘になったりなど、宿便が溜まりやすくなります。

ちなみに、食物繊維を多く含む食材は、
ゴボウなどの根菜類、コンニャク、イモ類、きのこ類、海藻などに
多く含まれているので、これらの食材を毎日食事メニューにとり入れましょう☆

また、宿便対策としては「水」も重要ポイントなので、
食物繊維と一緒に水分も多めに補給することが大切ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする