スポンサーリンク

シミとソバカスの違いと原因|対策はどうすれば?

シミとソバカスの違いはどこにあるのでしょうか?
また何故発生するのでしょうか?気になります。

メイクで隠すことは出来ても、すっぴんを見られたくない。などなど、
女性にとってシミやソバカスがあるのと、ないのとでは、
大きく違ってきますよね。

ちなみに、女性のメイク技術というのは、大変進化しています☆
前述した通りシミもソバカスもきれいに隠すことだって可能です。

芸能人の中でもすっぴん顔を自身のブログで
公開している人もたくさんいますよね。

すっぴんでもきれいで変わらない人もいますが、
普段はお化粧で、いろいろ隠している!という人も。

顔にちょっとした、シミが1つあるだけでも、
全く印象が違って見えるので、油断できませんよね。

シミ、ソバカスは「女性の大敵!」と言っても過言ではないです。

そんなシミやソバカスですが、違い・原因・対策は??など、
気になることが多々あります。

今日は「しみ・そばかす」のアレコレに迫ってみますね。

スポンサーリンク

■シミとソバカスの違いって一体どこにあるの?

シミとソバカスの違いはどこなのか分かりますか?
大きさ?色?形?

ちょっと分かりにくい!!という人も多いと思います。

シミとソバカスは、似ている感じもしますが、違いを調べてみると、
色の原因となるメラニン色素は、同じですができる過程が異なります。

シミは、ニキビの跡だったり、紫外線でダメージを受けた物だったり、
ホルモンバランスの乱れの肝斑(かんぱん)など、
いわゆる「老化現象」と言えるものが該当します。

年齢で言うと、30代以降に現れ始めることが多いです。

一方のソバカスは、雀卵斑(じゃくらんはん)と言い、
遺伝的な要素が強く、鼻の周りを中心に細かい斑点上の、
シミのようなものがてんてんと現れます。

発生年齢もシミよりもグンと若く、6歳ぐらいから顕著に表れ始めます。

そういえばアニメの「キャンディーキャンディー」の主題歌にも、
”♪そばかすなんて・・・”と歌われていましたね。

想定される歳も、このぐらいの歳の少女だったはずです。
ちなみに、ソバカスは、日本人や白人に多く現れるそうです。

■シミとソバカスの原因は?

シミやソバカスが出来る原因は何なのでしょうか?

実はシミもそばかすも「メラニン色素」から着色することは、
どちらも一緒らしいです。

シミは、生活習慣や、外的要因(紫外線)などから起こる、
皮膚のメラニン色素が新陳代謝によって入れ替わらないで、
残ったままの現象を指すそうです。

ちなみにシミなどのいわゆる老化現象は、抗酸化作用によって、
進行を遅らせることが可能なんです。

ソバカスは、遺伝的な要素のため、父親または母親で、
子供の時にソバカスができていれば、
約50%の確率で遺伝すると言われています。

シミと違う点は、そばかすは遺伝的要素が高いということです。

■シミとソバカスの対策どうすれば??

シミとそばかすの対策ですが、原因となっている、
「メラニン色素」の沈着を抑えることが、一番の対策となります。

ソバカスも、シミの原因とされる紫外線の照射で、
さらに色が濃くなるとも言われているので、

遺伝的なこととは言え、進行を抑える対策は必要と言えますね。

この「メラニン色素」は、体で出来た活性酸素の影響で、
抗酸化作用が弱って来たことで、シミとして目立つようになるようです。

対策として以下の3点をおすすめします☆

1.食生活
抗酸化作用は、「ビタミンC」が源のため、
ビタミンCの食材をたっぷりと摂るようにします。

2.紫外線
強い紫外線に照射されないように、日焼け止めクリームや、
日傘、帽子などで、直射日光(紫外線)を浴びないようにします。

若いとあまり関係ないと言われるかもしれませんが、
その油断が将来的に原因となる要素になりうるので、
早めの対策は必須です。

3.肌の保湿
人間の肌には、外部に角質があります。
その角質は、油脂や水分で覆われていて、ある程度の保湿があります。

その保湿が乾燥し始めると、肌の角質のバリアがないため、
皮下組織にダメージを受けやすく、抗酸化作用が効きにくい状況になります。
なので保湿ケアは大切です☆

シミやソバカスは、女性にとって大変気になるものですよね。

今はお化粧の技術が進歩しているので、メイクをすれば大丈夫。
ということで、シミやソバカスをあまり気にしていない人も、
いらっしゃるかもですが、

ほとんどの人はやはり、「すっぴん」にも自信を持ちたい。
そう思っていると思いますので、シミ、ソバカス対策は大事です☆

誰もが老化現象によって、少なからずシミの進行が起きると思いますが、
何も対策をしないと、進行を早めてしまいますが、

しっかりとケアをすることで、進行をゆるやかに抑えることが可能です。

シミ・ソバカスケアを毎日の習慣にとり入れて、
シミレスの若々しいお肌を保ちたいですね☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする