スポンサーリンク

ラジオ体操の効果|美容&健康におすすめな理由は?

ラジオ体操のさまざまな効果が近年、注目の的となってますね。

腰痛やひざ痛、肩こりや冷え性、ダイエット、免疫力アップ、便秘解消etc.
さまざまな美容&健康効果が取り上げられています☆

この記事では、そんな話題のラジオ体操の
気になる効果アレコレに迫ってみたいと思います。

ダイエット効果や消費カロリーなどを知りたい人は必見ですよ。

スポンサーリンク

■ラジオ体操の美容&健康効果に注目☆

ラジオ体操は、短時間の運動を連続して行うことですが、
人間のカラダの機能を一通り動かすことを目的に作られているので、
柔軟運動には、最適な運動なんです。

ラジオ体操を行うと、
以下のようなさまざまな美容&健康効果が期待できます。

・体の関節運動
ラジオ体操をすると、身体の各関節を動かすことになるので、
体が柔軟になり腰痛やひざ痛の予防になります。

・肩こりの解消、冷え性の解消
血管・リンパの循環促進によって、血流がよくなり体温上昇が期待できます。
それによって肩こりや冷え性解消につながります。

・ダイエット効果
ラジオ体操によって、カラダの各機能が刺激されて新陳代謝が促進されます。
ほかにも、脂肪の燃焼等が起きるのでダイエットにつながります。

・免疫力アップ
ラジオ体操によってリンパの循環が促進されると、抗酸化物質が増えて、
ウイルスや活性酸素の除去が行われ免疫力がアップします。

・便秘解消
ラジオ体操での体のねじりや反りは、内臓機能にも影響を与え、
内臓や腸を刺激するので、便秘解消につながります。

■ラジオ体操の消費カロリーはどのくらい?

ラジオ体操をすることでの消費カロリーはどのくらいなのか?
痩せる目的で始める人は気になる項目ですよね。

ズバリ、ラジオ体操第1、第2を続けて行うと、
約25KCalの消費が行われます。

25KCalを別な運動で例えてみると、、、

自転車の運転だと、10分間
ウォーキングで、 1キロ
ジョギングで、 0.5キロ  (※体重50キロの人の場合です)

意外にも、ラジオ体操の6分30秒で、
これらの運動と同等のカロリー消費が期待できるんです。

ラジオ体操は、全身のすみずみまで体を動かすように作られているので、
効率よくカロリー消費が行えるというわけです。

ちなみに、この体操を行うのに適している時間は、
16時から18時というお疲れの時間帯ですが、体が温まっているので、
カロリーが多めに消費されるようです。

ラジオ体操を行うに当たり、体の動かす部位と効果を理解して運動をすれば、
高いカロリー消費が期待できます。

ただし、的を得ていない体の運動では、
カロリー消費があまり期待できないようです。

ラジオ体操をうまく使えば、健康促進やダイエットにつながるので、
今一度、ラジオ体操を見直してみる価値は大きいと思いますよ。

■子供の頃は夏休みと言えばラジオ体操☆

夏休みと言えば早起きしてラジオ体操に行く。
これは子供の頃の常識でした。

最近、体を動かしていないので、体が硬くなってしまっています。
子供の頃は、もっと体が柔らかかったことが懐かしいです。

学生時代は、体育の授業があったので、
何かしらの運動をしていたことも影響していますね。

柔軟運動は、必ずラジオ体操していましたね☆

夏休みの早朝、広場に集まって、ラジオ放送をつけて、
ラジオ体操をした経験があります。

参加賞目当てであったことは、言うまでもありませんが、
集まって体操するのは、夏の朝という感じがします。

最近では、ある会社に朝一番で訪問すると、ラジオ体操をしています。
「一緒にどうぞ・・・」と言われても、、、

すっかり忘れているので、まったく体が動かせられません。
日々体操をしていないと、別な意味で体が動かないものですね。。

■ラジオ体操の歴史(由来)って?

ラジオ体操の歴史について調べてみました。

国民の体力向上と健康維持の保持や増進を目的に、
ピアノ演奏にのせて行う体操ということで、
日本では、1928年8月1日から始まったそうです。

これは、アメリカの生命保険会社の健康増進と、
衛生思想の啓蒙を目的に開始されたものを手本にしています。

現在では、ラジオ体操第1、ラジオ体操第2から構成されています。

・ラジオ体操第1(3分15秒)
小学生からお年寄りまでの一般人向けで使われて、ラジオ体操と言えば、
”ラジオ体操第1”と言われるほど、ポピュラーな体操になっています。
体を動かす程度は、事務員向けの体操と言えます。

体操の項目は、13あります。
(ラジオのラジオ体操では、男性アナウンサーが体操の概要を説明していた記憶があります。
最初は、”のびの運動”です。)

・ラジオ体操第2(3分15秒)
小学校高学年から高校生向けで、体を動かす程度は、現場向けの体操と言えます。
体操の項目は、13あります。

・ラジオ体操第3
現時点では、現存していませんが、かつて、ラジオ体操第3がありました。
これは、ラジオ体操のラジオでは、体操の動きを伝えられないこともあって、
普及しなかったことが原因とされています。

ラジオ放送は、毎朝6時30分から10分間、NHKラジオ第1で放送されています。
美容と健康をキープするためにも毎日の習慣にしたいですね☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする