スポンサーリンク

キャベツダイエットの方法|食前に食べると効果的って本当?

キャベツを千切り(ザク切り)にして、食前にお皿一杯食べる☆
それだけで健康的に痩せることが出来たらどうでしょう?

キャベツ好きな人にとっては理想的なダイエットですよね!

実はこの方法は実際にあるんです。
それが「食前キャベツダイエット」です!

この記事では、食前キャベツダイエットの基本的なやり方や、
食前にキャベツを食べるだけで、なぜダイエット効果が期待できるのか?
という疑問にも迫ってみます。

スポンサーリンク

■食前キャベツダイエットの基本的な方法☆

食前キャベツダイエットの基本的な方法について紹介しますね。

朝、昼、晩の食事の前に、キャベツの千切り又はざく切りを6分の1個分
ゆっくりとよく噛んで食べる。やり方としてはこれだけOKです。

朝、昼、晩の3食共に出来れば理想的ですが、
仕事の都合などで無理な場合も多いですよね。

そんな場合は、朝と夜2回にしたり、
朝だけ、晩だけと、自分の都合に合わせて、
まずは無理のない範囲から実践してみるとよいです。

ちなみに、キャベツは千切りよりざく切りにした方が、
噛みごたえがあるので、より一層、満腹感が得られるので、
効果的とも言われていますが、

ピーラーなどで、千切りにしたキャベツでも大丈夫ですよ☆

私の場合ですが、ピーラーでの千切りキャベツを、
朝と夜、食事の前に中皿に山盛り一杯を食べるようにしています☆

スポンサーリンク

グラムにすると、一回につき150gくらいでしょうか?
それだけでも、少しづつ体重が減ってきています。

ドレッシングはかけずに、えごま油を全体に2廻りくらいかけて、
あとはトロロ昆布を上にのせて食べています☆これが美味しい!

ちなみに、ドレッシングをかける場合ですが、
カロリーのことを配慮しますと、油分を含まないもの、
和風のノンオイル系などがおすすめですね。

なぜ食前にキャベツを食べることで、
ダイエット効果が期待できるのかと言うと、

よく噛んでゆっくりと食べることで、満腹中枢が刺激されるので、
その後に食べるメインの食事の量が少なくても満足するんですね。

つまり食べ過ぎを防いでくれるんです。
なるべく時間をかけてキャベツを食べるのがポイントです☆

■「早食い」だと「食べ過ぎ」につながってしまう?

食事を食べるのが早い人は太る傾向にあります。
と言うのは、よく噛んでいない可能性が多いからです。

よく噛まずに食事を流し込むように早く食べてしまうと、
脳の満腹中枢が刺激されずに、どれだけ食べても、

ぜんぜんお腹がふくれた感じがしないと言う症状になることも。

お腹が満たされないので、さらにどんどん食べ続けていって、
気が付いたらかなりの量を食べていた!食べ過ぎた!!

このような悪循環になってしまいかねません。

つまり、ついつい食べ過ぎてしまうというのは、
「早食い」が原因になっている場合も多いんですね。

ちなみにあるデータによりますと、食事が開始されてから、
身体のあちこちから信号が集まって、脳の満腹中枢が刺激されるまでに、
「20分以上」はかかると言われているんです。

早食いの人が食べ過ぎてしまうのは、「20分」も経たないうちに、
食事が終わってしまい、満腹感が得られないので、

「また追加して食べてしまう。」
そんなサイクルになっている可能性が高いです。

そうならないためにも、「早食い」はやめて、
食事はゆっくりと時間をかけて食べるように心がけることが大切です☆

■なぜダイエットには「キャベツ」がいいの?

前述した通り、食事を始めてから満腹中枢が刺激されるまでに、
20分以上はかかるので、その20分を利用して、
食前キャベツダイエットをおこなうわけです☆

満腹中枢が刺激されるまで、ゆっくりとよく噛んでキャベツを食べます。

結果、カロリーの低いキャベツで満腹中枢が満たされるので、
メインの料理を食べ過ぎる心配がなくなるわけです。

満腹中枢や摂食中枢に刺激を与えることは、食べ過ぎを防いでくれるので
ダイエットと深いつながりがあるわけです。

また、なぜ「キャベツ」がいいのか?と言うことですが、
キャベツに含まれる「食物繊維」がダイエットに効果抜群だからです。

キャベツは、食物繊維が豊富な野菜として知られています。
その含有量は、何と100gで約2gもあります!

この食物繊維が、糖や脂肪の吸収をブロックしてくれる作用があるなど、
ダイエットに効果を発揮してくれるんですね。

さらには、食べたものの消化吸収をゆっくりにしてくれる作用もあるので、
血糖値の急上昇も抑えられるとのこと。

ダイエット効果ばかりか、健康にももってこいのキャベツ。
頼もしい限りです☆

ちなみに、より早くダイエット効果を実感したい方は、
ご飯やパン、麺類などの炭水化物を、キャベツに置き換えるという方法を
摂ってみるのもありだと思います。(3食のうち1食だけ)

特に夕食にその方法を摂りいれると、効果が出やすいと思います。

その場合は、タンパク質はしっかりと摂るように☆
低脂肪の鶏肉などは特におすすめですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする