スポンサーリンク

顔の黄ぐすみは糖化が原因?おすすめの対策と改善法はコレ!

顔の黄ぐすみ。

年齢を重ねるごとに顔色が黄色くくすんで見える。
ファンデーションを塗ってもいまいちパッとしない。

そう感じることはありませんか?

「わたしのことだ!」そう思ったら、、、
それは「黄ぐすみ」かもしれません。

最近になって「黄ぐすみ」という言葉が出現してきたように、
以前に比べ肌が黄色くくすんだ状態に悩んでいる人が多いんです。

「黄疸」とまではいかないけど、確かに黄色い!!
しかもどんよりとして、肌に透明感がなくなった!!

このような人はほんとに要注意ですよ。

ちなみに、普通の「くすみ」と「黄ぐすみ」は似ているようで、
実は原因も対処法もぜんぜん違ってくるんですね。

なので美白ケアを念入りにおこなっても、
なかなか改善しないのがこの「黄ぐすみ」なんです。

と言うことで、この記事では、
『黄ぐすみ』になる原因や、その改善法、対策などに迫ってみます!

スポンサーリンク

■黄ぐすみの原因は糖化とカルボニル化だった!

肌が黄色くどんよ~りとくすむ「黄ぐすみ」。

なぜ黄ぐすみになるのかと言うと「糖化」と「カルボニル化」の
2つの原因によって起こることが分かりました。

・「糖化」って?

「糖化」と言う言葉も最近ちょくちょく耳にしますよね。

そもそも糖化って何のこと?と言う人のために簡単に説明すると、
体内のタンパク質と血液中の余分な糖分がくっつくことで、
起こる現象のことです。

タンパク質と糖がくっつくと「AGEs」(終末糖化生成物)
という物質が作り出されます。

実はこの「AGEs」がお肌を黄色くくすませる原因物質なんです。
「AGEs」が原因物質??

そう言われてもピンとこない人が多いと思います。
わたしも「???」だったので、
もっと簡単に女性でも分かりやすいように説明すると、、、

私たちの体の中にある「コラーゲン」や「エラスチン」などの
たんぱく質と、糖分がくっつくと体温によって加熱されるんですね。

加熱されるとどうなるか?
何と、茶色くコゲついてしまうんです!!

つまり「糖化」は、
たんぱく質(肌)が茶色く(黄色っぽく)コゲついた状態のことなんです。

今までこの「糖化」は、真皮で起こる現象だと言われていたのですが、
最近になって真皮だけではなくお肌の表皮でも起こることが分かったんです。

ちなみに、真皮が糖化の状態になると、黄ぐすみと一緒に、
しわ、たるみ、ほうれい線などを引き起こす原因になります。

一方、表皮が糖化の状態になると、
肌のターンオーバーの乱れで、乾燥肌を引き起こしたり、
また肌がくすむ(黄ぐすみ)の原因になるんです。

つまり「真皮」と「表皮」全体による糖化が、
「黄ぐすみ」となって、皮膚に現れるということです。

スポンサーリンク

・カルボニル化って?

さて。黄ぐすみを引き起こすもう一つの原因「カルボニル化」は、
どんな状態のことを差すのか説明しますね。

私たちの体内にあるたんぱく質(コラーゲンやエラスチン)と、
脂質の分解物がくっつくことで、たんぱく質が変質してしまい、
黄色くくすむ状態(黄ぐすみ)になるんです。

もっと分かりやすく言うと、肌が紫外線を浴びると、
そのダメージで活性酸素が発生し、

活性酸素が皮脂を酸化させ、過酸化脂質が出来てしまい、
肌を黄色っぽくくすませてしまうんです。

ちなみに、カルボニル化で引き起こされた黄ぐすみは、
糖化による黄ぐすみよりもさらに濃い黄色になって現われます。

また「糖化」も「カルボニル化」も、
表皮層と真皮層に影響を与えてしまうので、
肌全体が肌老化につながってしまうと言うわけです。

このように「黄ぐすみ」をほおっておくと、
どんどん肌老化は進んでいってしまいます。

そうならないためにも、
しっかりと「黄ぐすみ改善法」を把握しておきましょう☆

■黄ぐすみはどうやって改善すればよいの?

黄ぐすみを放置しておくことは「肌老化」へまっしぐらですよね。
それだけは絶対避けたいところ。

なので黄ぐすみに気づいたら、
なるべく早く対処することが大切です。

ポイントは、肌のスキンケアだけにこだわらず、
体全体のケアを心がけることです。

まず大切なのは「血行を良くすること」です。
運動は血行をよくするので、運動を習慣にすることをおすすめします。

運動と言っても激しい運動は、
活性酸素を増やすことになり逆効果なので、
「ヨガ」などで血行促進するのが良いと思います。

また、食生活においての注意点としては、
「糖分」や「糖質」を摂りすぎないようにすることが大切です。

食べるときの順番にも一工夫をしましょう。
野菜から食べるようにすると糖分の吸収を抑える効果が期待できます。

黄ぐすみの予防、改善には、生活習慣がもっとも大切!

ストレスを溜めずバランスの良い「食事・運動・睡眠」を
心がけることが糖化、カルボニル化の予防につながります。

■黄ぐすみをメイクでカバー&専用化粧品でのケアも!

黄ぐすみになってしまうと、
体全体のケアをしなければなかなか改善しません。

そこで普段のメイクに一工夫して、
黄ぐすみを上手くカバーする術を伝授しますね☆

一旦、黄ぐすみを引き起こしてしまうと、
生活習慣を改善しつつ、さらにメイク法を工夫しながら、、、
黄ぐすみと上手に付き合っていくしかないです!

まず下地クリームやファンデーションの色選びですが、
おすすめは「ピンク系」です☆

肌の色が黄色っぽくなる「黄ぐすみ」だと、
同色系のイエロー系の方が馴染みがよいと思いがちですが、
これは間違いです。

黄ぐすみには、ピンク系かまたは普段使うカラーより
少し明るめの色を選んだ方が良い発色になります。

どんよりくすんだ「黄ぐすみ」を
少しでも健康的に明るいイメージに見せるようにしましょう☆

あとファンデーションを塗った後の仕上げとして、
ラメ入りのプレストパウダーをTゾーンや目の下あたりに入れると、
より顔色が良く見えるのでおすすめですよ☆

そして何より黄ぐすみのスキンケアに関してですが、
「糖化」や「カルボニル化」専用の化粧品も販売されているんです。

なので出来るだけ早く改善したい人は、化粧品も
黄ぐすみ対策用の化粧品にチェンジした方がよいと思います☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする