スポンサーリンク

顔の筋トレ方法|1日数分でたるみも解消&小顔になれる?

顔の筋トレ方法。

なぜ顔にまで筋トレが必要なの??
顔に筋肉ついたらどうするの??

そう思った人!
ちょっと待ってください。

顔こそ筋トレで鍛えておかないといけない部分なんです。

特にしわ、たるみ、ほうれい線などの「老け顔」に
なりたくない人は「顔の筋トレ」は重要ポイントです。

ちなみに「筋トレ」と言っても、
ジムで行うハードな体の筋トレのイメージとは全然違いますよ。

簡単に言うと、顔の筋肉を使ったエクササイズ♪
そう理解しておきましょう☆

この記事では、普段使わない顔の筋肉をよ~くほぐして、
たるみ顔を解消して小顔を目指すために行ってほしい
顔の筋トレ方法を伝授したいと思います☆

スポンサーリンク

■目元のたるみやシワ対策の筋トレ方法☆

まず最初に「目元」の筋トレについてです。

目尻のシワや目の下のたるみなど、目元は年齢が出やすい部分なので、
ここの筋肉もよく鍛えておきましょう。

目元の筋肉には「前頭筋」と「眼輪筋」という表情筋があるのですが、
ここをしっかりと鍛える筋トレ方法です。

【筋トレ① 5~10回繰り返すこと】
・目を閉じギュッと力を入れて5秒間そのままでキープ。
・5秒経ったらパッと目を大きく見開いてください。眉毛は思い切り上に持ち上げます。

【筋トレ② 3セット行うこと】
・出来るだけ大きく両目を見開き、眉毛も出来るだけ上に持ち上げます。
・眉毛は持ち上げたまま、ゆっくりと両目の瞼を閉じます。
・しっかり瞼を閉じたまま、両目の眼球をゆっくりと左右に10回移動させます。

【筋トレ③ 3~5回行うこと】
・出来るだけ大きく両目を見開いてください。
・ゆっくり閉じながら、最後にギュッと目を閉じます。
・片方の目だけ大きく開きもう片方の目は固く閉じます。反対側の目も同様に。

■口元のたるみ対策の筋トレ方法☆

次は口元のたるみ対策の筋トレ方法です。

口元もシワになりやすく、年齢がでやすい部分なので、
目元同様しっかりと鍛えておきましょう!

ここは「口輪筋」と言う口の周りにある表情筋です。

【筋トレ① この上下を1セットで3セット。左右ともに行うこと】
・鏡を見ながら、口の中から舌先を使って小鼻の脇を押し上げていきましょう。
・舌を使いゆっくりと、上から下へ、頬の内側からほうれい線を舌でなぞってください。
・今度は逆に下から上へ向かってなぞります。ほうれい線を伸ばすイメージで。

【筋トレ② 5~10回繰り返します。】
・しっかりと口角を横に伸ばし、「いー」と発声して5秒間そのままで。
・次に、唇をすぼめて「うー」と発声して5秒間そのままで。

【筋トレ③ 5~10回繰り返します。】
・大きく口を開けてゆっくりと「あ・い・う・え・お」と発声します。
・今度は口を閉じて大きく微笑むように口角を引き上げてから、ゆっくりと戻します。

発声するときは、「これでもか~!」と言うくらい大きな口を開いて、
丁寧にはっきりと「あ・い・う・え・お」と発声するのがポイントです!

口の周りの筋肉をほぐすイメージで行ってくださいね☆

■顔全体のたるみ&口角下がり対策の筋トレ方法☆

顔全体のたるみと口角下がり。

顔のイメージが大きく変わるこの部分は、見た目年齢を大きく左右します。
特にしっかりと鍛えておきたい部分ですよね。

「頬筋」という表情筋を鍛えます!

【筋トレ① 左右共にそれぞれ3回繰り返します】
・口を閉じて唇をすぼめたまま、片側の口角のさらに斜め上の方に引き上げていきます。
反対側のほうれい線がちゃんと伸びているか鏡で確認しながら行うとよいです。
・そのまま唇を寄せた側の目を、ゆっくり閉じ5秒間そのままで。反対側も同様に。

【筋トレ② 5~10回行います】
・出来るだけ大きく頬を膨らませて5秒間そのままで。
・口をすぼめて頬をへこませたら、今度は片方の頬だけ空気を入れて5秒間そのままで。
反対側の頬も同様に。

【筋トレ③ 発声は大げさなくらい大きい口で!】
・口を「お」と発声するときの形にして、可能な限り前に尖らせます。
・そのままの状態で、尖らせた唇を下に引き下げ、3秒間そのままで。
・そのままの状態で、今度は唇を上に引き上げ、3秒間そのままで。
・最後に最初の「お」と発声した状態に戻し3秒間そのままでキープします。

いかがですか?
ちょっと難しいかもしれませんが、鏡でチェックしながら行うと、
顔の表情やシワの伸び方などが分かるのでおすすめです。

慣れるまでは大変かもしれませんが、いったん覚えてしまうと簡単です☆
筋トレをすることが心地よく感じてくるようになればこっちのもんです!

老け顔撃退のためです!ぜひ毎日の習慣に取り入れましょう。

■そもそも顔の表情筋が衰える原因って何なの?

顔のたるみは表情筋が衰えることで起こるのは分ったけど、
じゃ何故?どんな原因で表情筋が衰えてしまうのか?気になりますよね。

その答えはズバリ「加齢」によるものが一番大きいんです。

表情筋も「筋肉」なので、
身体の筋肉が老化で落ちるのと同じだと言うことです。

それともう一つは、表情筋が普段あまり使われていないことです。

特に日本人の場合だと、全体の2割くらいしか使われていないとのこと。
なのでさらに筋力の衰えが加速してしまうんです。

それって日本人だけ??と疑問の声が聞こえてきそうですね。
はい。日本人がしゃべる「日本語」に原因があるからなんです。

日本語は英語などと違って、
表情筋をほとんど使わなくてもしゃべれるためです。

英語は発音するときに舌を巻いたり噛んだりなど、
表情筋も細かく動かす必要があるのですが、日本語ではありませんよね。

つまり日本人は日々の生活するうえでは、
積極的に顔の表情筋を動かさなくてもよいわけです。
これが衰えを早めてしまう原因のひとつなんです。

なので筋トレやエクササイズで、
顔の表情筋もほどよく鍛えて上げることが大切なんです☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする