スポンサーリンク

光老化は紫外線の影響が大?日焼けから肌を守るための秘訣!

光老化は紫外線を浴びることと大きな繋がりがあります。
アンチエイジングを意識している人なら若肌キープは必須条件です。

紫外線から肌や髪を守るために、
日頃から予防&ケアは欠かさないようにしたいもの。

この記事では、具体的にどんなUVケアをすればよいのか?という、
日常すぐに出来る紫外線対策のポイントや、
光老化にならないための秘訣をまとめました。

紫外線による肌老化について詳しく知りたい人は
ぜひ参考にしてください☆

スポンサーリンク

■「光老化」と「加齢の老化」はどう違うの?

紫外線を浴びることで肌が老化していくことを「光老化」というのですが、
自分の顔のシワやたるみは光老化によるものなのかどうか分からない人も多いはず。

「加齢による老化とどう違うの?」と言う人のために説明しますと、、、
紫外線を浴びた部分のみに、シミやしわなどの症状があらわれます。

つまり紫外線を浴びた時間と強さに比例してあらわれる老化現象のことなんです。

また、皮膚が紫外線を防ごうとする反応から、
皮膚の厚みが増して色が濃くなることも「光老化」の特徴です。

あと、驚きのデータがあるのですが、、、
肌が老化する原因の80%が紫外線によるものだということ。
つまり加齢による老化はわずか20%しかないことになります。

「肌の老化」=「加齢」だと思っていたので、
このデータにはさすがにビックリしました。

言われてみれば体のなかでもめったに紫外線にあたらない部分(お尻など)は、
齢をとった人と若い人でそんなに大差がありませんよね。

逆に紫外線にもっともさらされやすい手は、
皮膚が厚くなっていたり、しわやたるみも多く出ています。

「手を見たら年齢がわかる」と言われているとおり、
紫外線を浴びる可能性の大きい手は年齢が出てしまいます。

ちなみに光老化は35歳前後から目立ってくることが多いので、
紫外線を浴びた部分にシミや大きく深いシワ、
皮膚のゴワツキやくすみなどの症状があらわれたら、光老化のサインです。

■紫外線UV-Aが光老化の元凶に!?

紫外線には、「UV-A」と「UV-B」の2つの波があるのですが、
このうち主に「UV-A波」が原因で光老化が引き起こされます。

UV-A波は、皮膚の深い部分(真皮)にまで届くので、
真皮にあるコラーゲンやエラスチンを変質させてしまうんですね。

その結果、肌の弾力がなくなってしまい、
シワやたるみなどの肌老化の症状に繋がるというわけです。

それぞれの特徴は以下のとおりです☆

●UV-A波
UV-A波は、波長が長いので、何と雲や窓ガラスも通り抜けるんです。
紫外線量もUV-B波の20~30倍くらいあります。

さらに怖いのは、前述したとおりUV-Aは肌の真皮にまで到達し、
コラーゲンとエラスチンを変質させてしまうので、肌のハリが失われるんです。

肌のハリが失われると、たるみやシワが発生してしまいます。
これが光老化のメカニズムというわけです。

●UV-B
UV-B波は、波長が短いので肌の真皮まで届くことはありません。
主に日差しの強い日などに日焼け(サンバーン)を起こさせます。

メラニン細胞(肌の表皮)を活性化させて沢山のメラニンを生成させ、
肌にシミやくすみを引き起こします。

以上、紫外線UV-A、UV-B共に肌老化につながりますが、
特に皮膚の深い部分(真皮)にまで届くUV-A波には注意が必要です。

曇りや雨の日、室内、車中と、天候や場所に関係なくUVケアは必須です☆

■UVケアを習慣化する☆

紫外線の本当の怖さは、すぐに症状があらわれる「サンバーン」ではなく、
じわじわと積み重なっておこる光老化です。

晴れの日はもちろん曇りの日も雨の日も、、、
いつでもどこでも紫外線対策をしなければ光老化につながってしまいます。

光老化によるシワやたるみが引き起こされないように、
前もって徹底的なUVケアをしておく必要があります☆

外出時には、日傘を使ったり帽子をかぶるのはもちろん、
目からも紫外線を吸収するので、、、
UVカットサングラスをかけることもお忘れなく☆

また、日焼け止めクリームやスプレーなども同時進行し、
WでのUVケアを実行することが大切☆

さらに外出時などは、
紫外線の強い時間帯を避けたり日陰を利用したりなど、
常にUVケアは頭の片隅におくように心がけることです。

日常いつでもどこでも紫外線はなるべく遠ざけるように
UVケアを習慣化してしまえば意外とスムーズにいきますよ☆

■ビタミン補給で光老化ケア☆

最後に食べる光老化ケアとして、
光老化によい食べ物を積極的に摂ることを心がけましょう☆

気をつけていても紫外線を浴びてしまうことだってあります。
そんなときは食べ物でダメージを和らげてください。

ポイントは「ビタミンの補給」です!

特にビタミンC、ビタミンA、ビタミンEは、
光老化予防にもってこいのビタミンです。

●ビタミンC
シミ・そばかす・くすみの改善しクリアな肌へと導く作用あり☆
肌のハリを保つコラーゲン、エラスチンを促進。

ブロッコリー、トマト、キャベツ、などに多く含まれています。

●ビタミンA、ビタミンE
抗酸化作用ならこの2つにお任せ☆
活性酸素に対抗してくれる心強いビタミンです!

にんじん、ほうれん草、うなぎ、レバー(ビタミンA)
トマト、カボチャ、うなぎ、アーモンド(ビタミンE)
などに多く含まれています。

これらの食材を意識して食べることで内面からの光老化ケアができます。

紫外線をうっかり浴びてしまった日でも、
食べる光老化ケアをしておけば心強いです!

食事で摂るのがむずかしい人はサプリなどを利用するのも手ですよ☆

以上、光老化にならないために、
日頃から気を付けるポイントをピックアップしました。

若肌キープは日々の積み重ねが一番なので、
この機会にぜひ習慣化してしまいましょう☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする