スポンサーリンク

コーヒーには便秘解消効果あり?スムーズなお通じにつながる理由は?

コーヒーには便秘解消効果がある?

コーヒーを飲むことで「便秘が解消される」と言われる理由は、
どこにあるのでしょうか?

「便秘が解消される」効果的な飲み方や、
飲むタイミングなどについてはどうなのでしょうか?

また、コーヒーを飲むと「逆に便秘になる」という噂も?
一体、どれが本当でどれがウソなのか?謎は広まるばかりです。汗

この記事では、コーヒーを飲むことで得られる、
便秘解消効果とそれにまつわる疑問etc.に迫ってみました☆

スポンサーリンク

■コーヒーには便秘解消する効果があるのは本当?

コーヒーには便秘を解消する効果が本当にあるのでしょうか?

多くの人がコーヒーを飲むと「お通じが良くなる」と言いますが、
その理由には、以下のようなことが挙げられます。

・コーヒーに含まれる「カフェイン」
コーヒーに含まれる「カフェイン」という成分には、
消化を促進する作用や、利尿作用、胃液の分泌促進作用などがあります。

なので、コーヒーを飲むことで消化が促進されて、
スムーズなお通じへとつながりやすいんですね。

・コーヒーに含まれる「オリゴ糖」
コーヒーに含まれる「オリゴ糖」が腸内活動を活発にする作用があります。

前述したように、「カフェイン」は、胃液の分泌促進をしますが、
この「オリゴ糖」は、腸内の善玉菌の餌になるので、腸内環境を良くして、
腸内の働きも活性化されスムーズなお通じへとつながるんです。

・コーヒーに入れる「ミルク」
コーヒーに入れる「ミルク」にも腸内の働きを活発にする作用があります。

ブラックコーヒー党の人は当てはまりませんが、コーヒーにミルクを必ず加える人や、
特にカフェラテやカフェオレなどがお好みの場合は、多くのミルクが摂れるので、
スムーズなお通じにつながりやすいです。

以上、コーヒーが便秘解消に効果的だと言われるのは、
コーヒーの成分「カフェイン」、「オリゴ糖」、
そして飲むときに加える「ミルク」が、

腸内環境を整えたり、腸内活動を活発にしてくれるからなんですね☆

スポンサーリンク

■便秘解消により効果的な飲み方ってあるの?

コーヒーを飲むことで便秘解消する効果を、
さらに高めるために意識してほしいポイントが2つあります☆

まず1つ目のポイントは、コーヒーは「朝に飲むこと」。です。

コーヒーに入っている「カフェイン」や「オリゴ糖」などの成分が、
腸内の働きを活発にしてスムーズなお通じを促すことは前述した通りですが、
朝コーヒーを飲むと、朝から夜まで一日を通して腸内活動が良くなります。

夜だと、「カフェイン」が睡眠の妨げになってしまうこともあるので、
出来れば避けた方がよいです。

2つ目のポイントは、「オリゴ糖を甘みとして加えること」。です。
コーヒーに入れる「砂糖」を「オリゴ糖」に変えることで、便秘解消には◎です!

もちろんコーヒー自体にも「オリゴ糖」は含まれていますが、
さらに甘みとして加えることで、「オリゴ糖」のパワーがアップします☆

以上、簡単ではありますが、
「朝に飲むこと」と「オリゴ糖を甘みとして加えること」を意識することで、
便秘解消の効果が高まるので、ぜひおすすめです。

■逆にコーヒーを飲んで便秘になることもある?

コーヒーの「カフェイン」や「オリゴ糖」、「ミルク」には、
便秘解消の効果が期待できる反面、

逆にコーヒーで便秘になることもあると言われています。
それは、コーヒーを飲みすぎた場合です。

コーヒーは、1日に1~2杯程度なら全く問題ないのですが、
1日に何杯も飲みすぎてしまうと、コーヒーに含まれる、
「クロロゲン酸」と「カフェイン」の過剰摂取になってしまいます。

・「クロロゲン酸」が過剰になると?
クロロゲン酸はコーヒーに含まれるポリフェノールなのですが、
これを多く摂りすぎると、逆に便秘になってしまう可能性があります。

なぜならクロロゲン酸には、胃腸の働きを抑える作用があるからです。
特に「弛緩性便秘」の人は注意が必要です。

「弛緩性便秘」と言うのは、大腸のぜん動運動が弱いため、
便を直腸に送ることができないタイプの便秘だからです。

クロロゲン酸の作用で、さらに便秘がひどくなることも考えられるので、
コーヒーは避けた方が無難です。

・「カフェイン」が過剰になると?
カフェインには、利尿作用があります。
コーヒーを飲んだら、トイレの回数が増える。という人は多いですよね。
それは、カフェインの利尿作用によるものです。

利尿回数が増えることで、
大腸の水分まで排出してしまう可能性があるんです。

大腸の水分が不足すると、「便」に必要な水分も少なくなり、
それが原因で便が硬くなり、便秘を引き起こす可能性が出てきます。

コーヒーの飲みすぎは、このように、「クロロゲン酸」と「カフェイン」の
過剰摂取になってしまいます。

前述した通り、便秘解消のためのコーヒー摂取量の目安は、1日1~2杯がベストです。

それ以上になると、逆に便秘を引き起こす可能性が出てくることも、
しっかりと把握しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする