スポンサーリンク

コーヒーでダイエット?飲むだけで痩せるって本当? 

コーヒーでダイエットを始めてみませんか?

一息つきたいとき「コーヒーでも飲むか☆」
というのは、もう日常の一コマですよね。

日本人にとってはとても身近な飲み物のコーヒーですが、、、
何とそのコーヒーに「ダイエット効果がある」と言われてるんです。

その秘密はどこにあるのか?気になりますよね。

この記事ではそんなコーヒーダイエットの
飲み方や飲むタイミングなどに迫ってみます。

スポンサーリンク

■コーヒーがダイエットにおすすめだと言われる秘密は・・・

コーヒーがダイエットにおすすめだと言われる理由は、
コーヒーに含まれる「カフェイン」の働きにあるんです。

この「カフェイン」と言う成分は、脂肪細胞に働きかけてくれ、
脂肪分解をしつつ血液中に放出してくれるという作用があるんです。

さらに、カフェインには利尿作用もあるので、体に溜まった余分な
老廃物を排出するので、むくみ解消にも効果を発揮してくれるんです。

コーヒーを飲む ⇒ 脂肪を分解 ⇒ 老廃物の排出 ⇒ 血行促進 ⇒
『基礎代謝アップ!』

このような流れで、消費エネルギーを増加させ痩せる体質に導いてくれます。

また同時に、肩こりや冷え性なども解消してくれると言う
一石二鳥の効果も期待できます。

コーヒーにこんなに素晴らしい効果があったなんてまさに目からウロコです。

■コーヒーの成分、クロロゲン酸に注目!

コーヒーには、前述した「カフェイン」の他にも、
ダイエットにうれしい成分「クロロゲン酸」が含まれています。

このクロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で、
脂肪分解をしてくれるという点はカフェインと同じです。

さらにこの「クロロゲン酸」は、自律神経の働きもアップしてくれるんです。
なので太りにくい体質作りにはもってこいの成分なんです。

コーヒーを飲むことで摂取できる「カフェイン」&「クロロゲン酸」。
痩せ体質づくりには、欠かせない成分と言っても過言ではないです。

ちなみに、クロロゲン酸は、焙煎より浅煎り豆で摂った方が良いとのこと。
何でも熱に弱いと言う性質があるようです。

ダイエット効果をアップするためには「浅煎り」の豆を使用して、
ドリップでコーヒーを淹れるのがおすすめですね☆

しっかりと、クロロゲン酸も摂取できるので、
ぜひ、カフェインとのW効果を味わってみましょう。

もちろん、インスタントコーヒーにもカフェインは含まれていますので、
ダイエット効果は得られますが、より高い効果を期待したい方は、

クロロゲン酸とカフェインのW効果が得られるドリップで☆ですね。

ちなみに、お湯の適温は、80度前後がイチオシ☆
じっくり抽出して、美味しいコーヒーを味わいましょう。

ひき立ての豆で、味も香りも最高のコーヒーを味わいながら、
優雅にダイエットできたら本当に言うことなし!ですよね。

■コーヒーは一日に何杯でダイエット効果を得られる?

コーヒーダイエットで効果を得るためには、
一日に何杯くらい飲めばよいのか?と言うことですが、

まず、一日に10杯とか、飲みすぎてしまってはいけません。

飲みすぎてしまうとカフェインの大量摂取となってしまい、
ダイエットの前に、体にもあまり良くありませんよね。

なので、1日に飲む量ですが、多くても5杯までと決めておきましょう。

ちなみに、コーヒーダイエットの効果が期待できる適量は、
だいたい「3杯~5杯」くらいとのことです。

一日にコーヒー3杯~5杯を、
3~5時間くらいの時間を空けて飲むのが理想です。

例えば一日に3回なら、朝昼晩の毎食後に飲む。
5回なら、それにプラスして、10時と3時のおやつタイムも☆

このように一日のリズムの中で自分に合わせて、
さらにほどよい間隔を空けて、コーヒータイムを取りいれてくださいね。

また、運動をする習慣がある方は、運動の30分前に
コーヒーを飲むことでより脂肪燃焼効果を高めることが出来ますよ。

入浴タイムも同じく代謝アップに効果的なので、
入る30分前にコーヒーを飲んで、脂肪燃焼効果をゲットしましょう☆

■コーヒーはなるべくブラックで!

コーヒーを飲むときに入れる「砂糖」や「ミルク」は、
コーヒーダイエットでは入れない方がよいのか?
ちょっと悩みますよね。

ズバリ答えは「ダイエット効果を期待するならブラックで。」です。

やはりダイエットなので、より効果を期待するなら、
コーヒーはブラックで飲むのがおすすめってことです。

その理由は、砂糖やミルクを加えると、
カロリーが高くなるというのももちろんありますが、

それよりも、砂糖やミルクを入れることで、
カフェインの働きが妨げられてしまうからなんです。

この「カフェイン」という成分がダイエット効果には、
欠かせない成分なのにその働きが妨げられてしまっては、
元も子もないですよね。

ですが、「どうしてもブラックでは無理!飲めない。」そんな人は、
ミルクの代わりに豆乳を少量加えてみることをおすすめします。

ともかく、ダイエットを期待するなら出来る限りブラックで。
ココが一番の重要ポイントです。

コーヒーを飲んで痩せる体質に☆
無理のない範囲で取り組んでみたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする