腸内環境の改善一覧

腸内環境の改善に関心のある人~ようこそ☆

アンチエイジングを意識してる人は、
腸内環境の改善こそが体の若返りにつながることをご存知だと思います。

便秘や宿便の解消、腸内フローラと善玉菌の関係、
腸を健康に保つ食生活など、
若い腸を保つためには腸内環境を改善することが一番です!

この記事では、
腸内環境の改善にまつわる気になる疑問に迫ってみます☆

■腸内環境の改善にはどのくらいの期間がかかる?

腸内環境の改善にかかる期間が気になる人も多いと思います。
一般的にはどのくらいで改善するものなのでしょうか?

と、その前に自分の腸が乱れているのかどうか?
このことから知る必要があります。

そもそも腸内の乱れがないことには、改善するも何もありませんからね。

と言うことで、腸内環境の改善をする必要がある「腸」なのかどうか?
まずは以下のことをチェックしてみましょう☆

・便秘がちである
・便が黒くて固い
・いきまないと出ない
・下痢をしやすい
・便が緩め
・おならが臭い
・ガスが溜まりやすい、お腹が張る
・ポッコリお腹が気になる
・ニキビなど肌荒れしやすい
・疲れやすい
・年令より老けて見られる

上記の項目に当てはまる数が多いほど、
腸内環境が乱れてる可能性が大きいです。

当てはまった人は、
「腸内環境の改善にかかる期間について」でしたね☆

この期間ですが一般的には、
約1週間程度で何かしらの変化を感じることが多いとのこと。

もちろん「積極的に意識しながら改善すること」を前提としてです。

肌荒れなどに関しては、肌のターンオーバーの周期(28日)くらいを
目処にしておく必要があると思います。

■腸内環境の改善におすすめの食べ物

腸内環境の改善に一番の影響を与えるのは、
「食生活」です☆

善玉菌を増やす食べ物をしっかりと補給し、
悪玉菌を増やす食べ物をなるべく控えることが、
良い腸内環境をキープする秘訣です。

善玉菌を増やす食べ物として積極的に摂って欲しいのは、
「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」です☆

動物性乳酸菌は、ヨーグルトやチーズ、乳製品などを摂ることで、
たっぷりと補給することができます。

また植物性乳酸菌は、納豆や味噌、漬物などに多く含まれています。

あと「オリゴ糖」は、腸の動きを活発にする作用があり、
ビフィズス菌の栄養源でもあるため積極的に摂るのがベストです。
ゴボウや玉ねぎ、バナナなどに含まれています。

他には「食物繊維」の摂取です☆

食物繊維にも「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」
の2種類がありますが、、、

偏らないようにバランスの良い摂り方をしないと、
逆効果になってしまいます。

ちなみに不溶性食物繊維は、排便を促す効果が期待でき、
水溶性食物繊維には、便を柔らかくする効果が期待できます。

理想的なバランスは、
「不溶性食物繊維:水溶性食物繊維」=「2:1」です☆

野菜類や豆類、イモ類、キノコ類などに多く含まれるのが、
「不溶性食物繊維」で、

海藻類や果物類に多く含まれるのが「水溶性食物繊維」なので、
しっかりと把握しておきましょう。

■悪玉菌が増える食べ物ってあるの?

腸内環境の改善に良い食べ物は前述した通りですが、
では逆に「これを食べると悪玉菌が増える!」
という食材があれば出来るだけ避けたいですよね。

悪玉菌が増えると言うことは、
腸内環境が悪くなることにつながりますからね。

うどんやパン、パスタ、お菓子などの原料になる「粉モノ」。
実はこの「粉モノ」の過剰摂取は、悪玉菌を増やす元なんです。

粉モノの過剰摂取をすると「グルテン」という成分が、
小腸の壁に付着してしまうんですね。

それが原因で腸壁が崩れ、腸が栄養を吸収しにくくなってしまい、
余分な栄養分が大腸へと運ばれてしまうんです。

つまり大腸に運ばれた余分な栄養分こそが、
「悪玉菌のエサ」となってしまうわけです。

ついつい食べ過ぎてしまう粉モノですが、腸内環境の改善のため、
摂取量には十分注意することが必要ですよ☆

次に「消化の良くないもの」の摂取です。

消化を悪くする食べ物を摂ると、
腸内で消化されなかった栄養分が悪玉菌のエサとなります。

油っこい食べ物や冷たすぎる食べ物などは、
あまり消化が良くないので、腸内環境の改善には向きません。

■腸におすすめのスムージー&生ジュース☆

腸が喜ぶスムージーや生ジュースを習慣にするのもおすすめです。

ジュースやスムージーは、ミキサーを使うと簡単に作れるので、
料理が苦手な人でも大丈夫ですしね☆

また、野菜や果物を効率よく摂取できるのも魅力です。

ヨーグルトなどの乳酸菌を加えることもできるので、
「野菜+果物+乳酸菌」が同時に摂れるのはありがたいです☆

ちなみに腸内環境を改善することは、
便秘を解消するばかりではないんです。

腸内環境が良くなると、
健康な体をキープすることにもつながるんです。

食べるアンチエイジングの一つとして腸内環境の改善を
積極的に摂りいれて、いつまでも錆びない若々しい
健康な体をキープしたいですね☆