スキンケア~しみ・そばかす・肝斑一覧

しみやそばかす、肝斑はなどは、なぜ出来てしまうのでしょうか?

原因もそれぞれ違った理由があり、
紫外線やホルモンバランスの乱れ、生活習慣、遺伝などが
関係していると言われていますが、、、

出来る前に何とか予防が出来たら、うれしいですよね。

シミやそばかす、肝斑などの肌悩みを予防するには、
具体的にどんな対策をとれば良いのでしょうか?

発生させないようにする秘訣に迫ってみたいと思います☆

■シミはなぜ出来るの?原因は何?

シミができる原因はズバリ「メラニン」だと言われています。

「メラニン色素」という言葉を聞いたことがあると思いますが、
この「メラニン」は、「メラニン色素」と呼ばれるもので、
紫外線から肌を守るために作られているんです。

通常はメラニンが作られても、
肌のターンオーバーが正しく行われていると、
角質などと一緒に垢となってはがれ落ちるのですが、

紫外線などの影響を受けると、メラノサイトが過剰反応してしまい、
いつもより過剰な量のメラニンが作り出されてしまうことに。

すると剥がれ落ちることが出来なかった余分なメラニンが、
シミとなって皮膚上に現われるんです。

シミができるメカニズムには、このような経過があると言うことです。

「じゃ紫外線だけを避けていれば大丈夫なの?」
という声が聞こえてきそうですが、、、

答えは「NO!」です。
紫外線を浴びること以外でも、シミは作られてしまうんです。

実は「ホルモンバランス」もシミと大きな関わりがあるんです。

ホルモンバランスが乱れる状態になると、
先述した「メラニンの量」は通常より多く作り出されてしまうんです。

こちらも同じく過剰に作られた余分なメラニンは、
自然と剥がれ落ちることなく、肌に残ってしまい、
やがてシミとなって皮膚上に現れるわけです。

シミができる原因はこのように「紫外線」や
「ホルモンバランスの乱れ」によるものがほとんどなんですね。

■そばかす&肝斑が気になる!原因は何?

そばかすとシミは似てるようで実は全く別物です。

「シミとそばかす」が大きく違う点は、
シミは紫外線の影響がもっとも大きいのに対して、
そばかすは大半が遺伝性からくるものだと言うことです。

子供のころから「そばかす」がある人は、
大抵家族の誰かしらに「そばかす」があることが多いです。
もちろん例外もあると思いますが。

ちなみに、そばかすはシミと比べると斑点が小さいのが特徴で、
鼻の周りや頬に出来やすいんです。

またシミは、年齢を重ねるごとにだんだん濃くなる傾向がありますが、
そばかすは逆に加齢に伴いだんだんと薄くなることが多いです。

そんなシミとソバカスですが、共通点もあります。
それは、紫外線を浴びることで「濃くなる」と言うところです。
やはり紫外線対策は必須ですね☆

次に「肝斑(かんぱん)」のできる原因に迫ってみましょう☆
肝斑というシミは、40歳前後の女性に出来やすいことでも知られています。

発生する場所や形も特徴があり、
頬骨や鼻の下、額などに、左右対称に現れます。

肝斑ができる原因は主に女性ホルモンの影響が強いと言われています。
女性ホルモンが乱れやすい40歳前後に現われて、
閉経とともに薄くなったり消えることが多いです。

■シミ・そばかすの対策~予防法はコレ!

シミ、そばかす対策としては、以下のことを
心がけることで予防につながるのでぜひ実行してみましょう☆

・しっかりと紫外線対策をする

「シミ、そばかす」には紫外線が大敵。
紫外線は、季節や天候に関係なく注いでいるので、
一年を通してしっかりと紫外線対策をする必要があります。

日焼け止めクリームやスプレーを常用にすることはもちろん、
真夏など紫外線の強い時期などは日傘や帽子も併せて使用しましょう。

また目からも紫外線は吸収するので、
UVカットサングラスなどで目を保護することも必須です。

・生活習慣を整える

30歳を過ぎてから出来る「シミやそばかす」の原因には、
日焼け止め対策を過去にしてこなかったことも、
少なからず影響しています。

また不規則な生活習慣などもシミを発生させる原因になります。

睡眠不足やストレスなども肌環境にとってはマイナス要因ですし、
偏った食生活なども、シミやそばかすはもちろん、
肌荒れや肌老化を加速します。

このように「シミ、そばかす」のない美肌を目指すためには、
紫外線対策をしっかり行うこと、生活習慣を整えることが大切です。

シミやそばかすが出来てしまったら、
皮膚科や美容クリニックに行って何とかしてもらえばいい。

などと、とにかく消すことばかりを考えがちですが、
その前に大切なのは、まずシミやそばかすが出来ないように、
日頃からしっかりと予防することが大切です。

もちろん、遺伝の要素や肌質などの関係から、
いろいろと予防してもシミやそばかすができてしまうことはあります。

それでも自分に出来ることを無理のない範囲で行うことが、
「シミ、そばかす」のないクリアな肌への第一歩です☆