サプリメント★健康一覧

健康サプリメント。

通販でもドラッグストアでも、
さまざまな健康サプリが販売されていますよね。

生活習慣病が気になるなど、健康を気にかけている人は、
サプリメントの力を借りてみようか?と思ったこともあるのでは?

どのサプリにどんな効果が期待できるのか?
しっかりと把握してから摂りたいもの。

サプリメントなので、あくまでも食事の補助的な位置づけです。
上手に摂りいれて体の内面からの若返りを目指したいですよね。

では早速~気になる健康サプリに迫ってみましょう☆

■ナットウキナーゼのサプリの健康効果は?

ナットウキナーゼ。

ネーミング通り、納豆を発酵させたときに出来る酵素で、
納豆菌とはまったく違った性質を持っています。

納豆菌=ナットウキナーゼ

このように同じような効果を持っているのでは?
と思ってる人も多いと思いますが違うんですね。

ではどんな違いがあるのでしょうか?

実は納豆菌はすごく耐性が強いんです。
何時間もお湯の中で沸騰させても大丈夫なんです。

また逆に凍らせても酸が強い薬品の中に入れたとしても、
こわれないくらいの耐性の強さを持っています。

そんな納豆菌ですが、体内では腸内フローラを整えて
善玉菌を増やしてくれる作用があるんです。

一方のナットウキナーゼには、血液サラサラ効果が期待できます。
血栓を溶かす作用があるんですね。

ですが、デメリットは、納豆菌と違って温度にも胃酸に弱い点です。

なのでナットウキナーゼを効率よく摂取したい人は、
カプセルタイプのサプリメントで摂ることをおすすめします☆

■クエン酸で疲労回復!

クエン酸。

主にかんきつ系の果物に多く含まれている成分です。

みかんやレモン、グレープフルーツなどの
あの酸っぱさがクエン酸の成分です☆

また梅干しの酸っぱさもクエン酸です。

そんな酸っぱいクエン酸ですが、
どんな健康効果が期待できるのかと言うと、、、

「疲労回復」「血流改善」「アンチエイジング」「美肌」など、、、
クエン酸にはさまざまな効果が期待できるんです☆

中でも「疲労回復」の効果が特に注目されており、
その理由は「乳酸の分解作用」「乳酸の生産抑制作用」
「新陳代謝の促進」の3つのメカニズムによるものです。

・乳酸の分解作用
「乳酸」は、激しい運動やストレスなどで溜まっていく疲労物質ですが、
クエン酸が炭酸ガスに分解し、尿として排出する作用があります。

・乳酸の生産抑制作用
「クエン酸回路」と言う糖質や脂質をエネルギーとして変換するものが、
生き物にはあるのですが、クエン酸が足りていないと、
糖質や脂質が十分エネルギーに変換されず、乳酸として蓄積することに。

乳酸の生産を抑制するには、
たっぷりとクエン酸を摂取することが大切なんです。

・新陳代謝の促進
血液をサラサラにして血流を改善する効果が期待できるクエン酸。
血流が良くなり新陳代謝が促進されると、疲労回復に☆

■オルニチンのサプリも疲労回復に良いの?

クエン酸と同じくオルニチンにも、
疲労回復効果が期待できるんです。

健康のためにサプリメントなどを積極的に摂っている人は、
「オルニチン」の効果についてもチェックしていると思います。

この「オルニチン」という成分には、
体の中のアンモニアの成分を解毒してくれる作用があるんです。

体の中にアンモニアの量が多いと疲れやすいんですね。
なので疲労回復に良いというわけです。

また、肝臓などに溜まった不要物なども、
どんどん分解して体外へ排出してくれます。

オルニチンは私たちの体の中のアンモニアの量を
分解してくれるので、疲れが溜まりにくい体になるんです。

オルニチンは元々体の中で作り出している成分なのですが、
足りなくなると発生したアンモニアを上手く分解できなくなります。

すると体内でアンモニアが増えていってしまい
ますます疲れやすい体になってしまうんですね。

体の疲れがなかなか取れないと感じる人は、
体内でのオルニチンの量が不足しているのかもしれませんね。

オルニチンの補給には手軽に摂れるサプリメントがおすすめです☆

オルニチンの量を増やすことで、
アンモニアの解毒が活発に行われると体に疲れも溜まりにくくなります。

■アスタキサンチンには高い抗酸化作用がある?

アスタキサンチンは何がすごいのかと言うと、
「強力な抗酸化作用がある」というところでしょう。

どのくらい抗酸化力が優れている(高い)のかと言うと、、、
  
  β-カロテンの約40倍
コエンザイムQ10の約800倍
  ビタミンEの約500倍の抗酸化作用

  ビタミンCでは、何と約6,000倍もの抗酸化力があるんです☆

活性酸素による細胞の酸化を弱めたり除去したり
する働きが「抗酸化作用」なので、

細胞の老化を予防するには、
アスタキサンチンを補給すると良いということです☆
細胞の老化を防ぐことは、健康にはもってこいですからね。

なぜこんなにもアスタキサンチンの抗酸化作用強いのか?
それは、抗酸化成分が体の多くの部分で働ける点です。

アスタキサンチン以外の抗酸化作用がある物質は、
働く場所が限られているんですね。

アスタキサンチンは、幅広く体内で活躍してくれるので、
その効果も幅広いものになっているんです☆

眼精疲労にも、 脳の老化にも、血管の老化にも、動脈硬化の予防にも、
悪玉&善玉コレステロールの調整にも、筋肉疲労の予防と回復にも、
筋肉痛や疲労回復にも、ダイエットにも、自律神経の調整にも、、、

さまざまな面で健康効果をもたらしてくれるアスタキサンチン☆
アンチエイジングにはぜひおすすめの成分だと言えますね。