美白方法一覧

美白方法とアンチエイジング☆

アンチエイジング対策として美白ケアをとり入れてみませんか?
「アンチエイジング」と「美白」は深い繋がりがあります。

シミやそばかす、肌のくすみをしっかり美白ケアし、
色白美人を目指しましょう☆

効果的な美白ケアには何がおすすめ?

ハイドロキノン?
ビタミンC誘導体?

効果的な化粧品選びや美白方法に迫ってみます☆

■美白方法~ハイドロキノンの実力はどうなの?

美白といえば「ハイドロキノン」と言われるくらい
ハイドロキノンの美白力が注目されていますよね。

「ハイドロキノン」とは一体何者なのでしょう??

実はこの「ハイドロキノン」という成分には、
シミやそばかすの原因「メラニン色素」を
抑制する働きがあるんです☆

ハイドロキノンにはすごい美白力があるにもかかわらず、
日本では使用許可がなかなか下りなかったのですが、
やっと最近日本でもハイドロキノンの使用が許可されました。

今後はいろいろな化粧品に配合されていき、
ますます人気は高まるのでは?と言われているんです。

そんなハイドロキノンですが、ひとつ注意点があります。
それはお肌の弱い人は副作用がでる心配があると言うこと。

ハイドロキノンは高い美白効果が期待できるのですが、
かなり強い成分だということです。

■ハイドロキノンのメリット&デメリットは?

さて。
圧倒的な美白力を誇る「ハイドロキノン」ですが、
メリット&デメリットについてもしっかり把握しておきましょう☆

・メリット
とにかく美白効果が高い。
シミ・そばかすの予防はもちろん、すでにあるシミへもアプローチ☆

またシミ治療といえば今まではレーザーが主でしたが、
今後はハイドロキノンでの塗り薬治療もできるように☆

・デメリット
ハイドロキノンは強い成分なので肌の弱い人は刺激を感じやすい。
また、漂白効果がかなり高いので、人によっては白斑になる場合も。
(白斑=皮膚の色が白く抜けたようになる)

敏感肌の人は薄めの濃度から始めて、
様子を見ながら濃度の調節をすることが大切です。

さて。
ハイドロキノンと糖を結合させて作られている成分に
「アルブチン」がありますが、、、

この「アルブチン」という成分にも美白効果が期待できるんです。

ハイドロキノンと違う点は、
肌にやさしい成分だと言うところです。

お肌にやさしいので、お肌の弱い人でも大丈夫☆
敏感肌のシミ予防にはピッタリなんです。

ですが、もう出来てしまっているシミの改善には向きません。
あくまでも予防のみです☆

ちなみにアルブチンは「ビタミンC」と一緒に使うことで、
より高い効果が期待できます☆

■ビタミンC誘導体の美白力はどう?

美白といえば「ビタミンC」というくらい、
ビタミンCという成分には白さを感じますよね☆

ビタミンCの中でも美白ケアには「ビタミンC誘導体」が、
実力を発揮してくれており、

多くの美白化粧品の美白成分として配合されています☆

ビタミンC誘導体の働きは、肌にメラニンが作り出されるのを抑えたり、
既に出来てしまったメラニンを還元して細胞を活発にしてくれます。

またお肌のターンオーバーを正常にする働きもあるので、
シミ予防にはもってこいなんです。

ちなみにこの「ビタミンC誘導体」は、

・水溶性ビタミンC誘導体(皮膚への吸収力が優れている)
・脂溶性ビタミンC誘導体(肌に与える刺激が少ない)
・新型ビタミンC誘導体(皮膚への浸透力に優れている)

このように3種類に分かれています。

■おすすめの美白化粧品の選び方で大切なのは?

美白ケアのために美白化粧品を選ぶ際に、
どの商品がいいのか迷う方も多いのではないでしょうか?

まず大切なことは、
「自分の肌に合った美白化粧品を選ぶこと」です。

自分の肌に合わないものを使ってしまうと、
なかなか思ったような効果が実感できないだけでなく、
肌荒れなどを起こすことも。

美白ケアで効果を実感するために大切なのは、
「自分に合った美白化粧品を長く使い続けること」
これだけです☆

たとえばシミが気になった時だけなどの、単発的な美白ケアでは、
思ったような効果を実感できないからです。

根本的にシミやくすみを改善したいのなら、
美白ケアを継続して徐々に肌を生まれ変わらせるしかありません。

また「美白」を徹底的に極めたい人は、
「食べる美白ケア」も同時進行することをおすすめします。

食べ物にも気を配ることで、
さらに美白効果がアップすること間違いなしなので、、
積極的に美白に効果のある食材を摂るように心がけましょう。

体の内側からも白さを醸し出すことができると思いますよ☆

・トマト、にんじん(リコピン)
・イチゴ、キャベツ、パプリカ、キウイ、オレンジ(ビタミンC)
・ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリー、ほうれん草(β‐カロテン)

これらの食材には「食べる美白ケア」としての実力があります☆

さて。
いかがでしたか?

ぜひあなたもエイジングケアに「美白」をとり入れて、
顔からボディまで、理想の白い肌を手に入れてくださいね☆