スポンサーリンク

豚プラセンタと馬プラセンタの違いは?どっちが効果あるの?

豚プラセンタと馬プラセンタってどう違うの?効果はどっちが上なの?
と疑問に思ってる人が多くいます。

プラセンタのサプリやドリンクを美容のために飲んでる人も多いと思いますが、
実はこのプラセンタにはいろいろな種類があるんです。

前述した「豚プラセンタ」や「馬プラセンタ」の他にも羊プラセンタや植物プラセンタなど、
多種類があり美容サプリ、ドリンクとして販売されています。

で、プラセンタサプリをいざ購入しようと思った際に、、、
「こんなに種類があるの?どれを選べばいいの?」と迷ってしまうことも多々あります。

多々ある中でも代表的なのはやはり「馬」と「豚」のプラセンタです。
購入する際も迷うのはこの2つについてではないでしょうか?

そんな人のためにそれぞれのプラセンタに含まれるアミノ酸の量や種類、
アンチエイジング効果、安全性や価格についてなど、
気になる部分を徹底的に比較してみました。

スポンサーリンク

■馬プラセンタのアミノ酸量は豚プラセンタの約300倍!?

アミノ酸の含有量は【馬プラセンタは豚プラセンタの約300倍くらい多い】と
ネットで書かれているのをよく目にしますが、実際はどうなのでしょうか?

実はこれはあまり当てにならない数字です。
と言うのは比較の仕方が曖昧だからです。

例えばピュアな馬プラセンタの原末と水分が多く含まれた豚プラセンタでは
対等な比較になりませんよね。

つまり抽出方法などによって含有量は全然違ってくるということです。
【300倍も多い】という数字はあまり当てにはなりません。

スポンサーリンク

ちなみに全く同じ条件の豚プラセンタと馬プラセンタを比べた場合のデータでは
アミノ酸の含有量は、馬の方が1.2倍ほど多いという結果が出ています。

あと、アミノ酸の種類に関してですが、
馬プラセンタには豚にはない「必須アミノ酸」が6種類も含まれているんです。
つまり種類が多いのも馬プラセンタと言うことです。

この必須アミノ酸には、美容効果や細胞の若返り効果が期待できるので
アンチエイジングを意識している人におすすめなんです。

さらに必須アミノ酸は体が自ら作り出せない成分でもあるので、
効果を実感するにはサプリなどから補給するしかないんですね。

多種類の必須アミノ酸を摂りたい人は、豚より馬がおすすめです。
以上、アミノ酸の量と種類に関しては、馬プラセンタに軍配が上がりましたね☆

■馬プラセンタと豚プラセンタの副作用は大丈夫?

サプリメントや美容ドリンクとして毎日プラセンタを摂るとなると、
副作用(アレルギー)などの安全性についても気になりますよね。

購入を迷っている人の中には
「馬プラセンタと豚プラセンタではどっちが安全なの?」という声も聞かれます。

ズバリ安全性については、馬プラセンタの方が心配が少ないと言えます。
なぜなら豚は馬に比べると寄生虫が住みつきやすいからです。

「なぜ豚は寄生虫が住みつきやすいのでしょうか?」
それは、豚は馬に比べて基礎体温が低いからなんですね。

馬の基礎体温は平均すると豚よりも5~6度ほど高く、38度~40度ほどあります。
かなり高温なので寄生虫も住みつきにくいようです。

またアレルギーの心配に関しても馬の方が安全だと言えます。
普段、食べている豚肉を見ても分かるように、
豚はしっかりと火を通してから食べることを奨められています。

一方の馬肉は、普通に馬刺しなどが食べられているように、生でも大丈夫です。
つまり豚に比べるとそれだけアレルギー性が少ないということです。

さらに馬は抗生物質やホルモン剤などを受けつけないのだとか。
デリケートな体質なのでこのような人工的な加工が行われないとのこと。

以上、馬と豚を安全性の面から見てみましたが、
こちらも馬プラセンタに軍配が上がりました☆

■豚プラセンタを摂るならSPF豚がおすすめ

馬プラセンタと比較して2敗になってしまった豚プラセンタですが、
これはあくまで馬と比べた結果であって、豚がまったく駄目と言うわけではありません。
メリットもいくつかあります。

【人間との相性が良い】

人間と豚は遺伝子的に近いので人間の体との相性は◎だと言えます。

【馬に比べるとお値段がリーズナブル】

国内では豚のプラセンタが大量に確保できるので、
その分リーズナブルなお値段で手に入れることができます。

特にサプリメントなどで効果を実感するには継続して飲むことが必須条件です。
その際には継続しやすい価格も重要ポイントですからね。

【SPF豚なら安全面も◎!】

「SPF豚」という言葉はプラセンタサプリに関心のある人なら
一度は目にしたことがあるかもしれませんね。

衛生管理を徹底した豚舎で安全に飼育された豚が「SPF豚」です。

SPF豚はあらかじめ指定された病原体を持っていないので安全性が高いんです。
またストレスなく飼育されたので食肉としての価値も高い豚です。

このように豚プラセンタにも良いところは多々あります。

アンチエイジングに頼もしい実力を発揮してくれるプラセンタサプリ☆
見かけも内面も若々しくキープしたい人は毎日の習慣に摂りいれて、
細胞の隅々までの若返り効果を実感しましょう☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする