スポンサーリンク

甘酒の作り方|炊飯器を使って簡単手作り!

甘酒。

最近の健康ブームにちなんで『甘酒』が大人気ですよね☆

甘酒はレトルトやパックに入ったものなど、
そのまますぐに食べれる商品も販売されていますが、

美容健康のために毎日欠かさずに食べたい☆
そんな人は自宅で手作りにトライしてみませんか?

「甘酒を手作りするのは難しそう」
そう思った人ちょっと待ってください☆

甘酒は炊飯器を使うと意外と簡単に手作り出来るんです。

この記事では食べるアンチエイジングにもってこいの
『甘酒の作り方&ちょい足しレシピ』をご紹介します。

スポンサーリンク

■炊飯器での甘酒の作り方~もち米を使って甘~く☆

では早速、炊飯器での甘酒の作り方をピックアップしていきます☆
まずは甘党の人におすすめなのが「もち米」で作る甘酒です。

モチ米を加えて作ると、甘くておいしい甘酒が作れるので、
甘党の人はぜひトライしてみてください。

・材料

もち米 400g
米麹  500g
水   400cc(炊飯用)600cc(仕込み用)

・作り方

1.よく洗って研いたもち米を2時間以上水に浸した後、
ザルでよく水気を切って炊飯器に入れます。

2.1の中に水400ccを入れて炊飯器のスイッチをオンします。

3.炊き上がったらしゃもじでかき混ぜて、600ccの仕込み水を入れます。

4.炊飯器の釜内の温度が55度以下になったら、その中へ米麹を加えます。
(米麹は前もってよくほぐしておきましょう)

5.炊飯器の蓋を全開したままで保温スイッチをオンします。

6.釜内の温度を55~60度くらいに保ちながら8時間程度待ちましょう☆
(途中、様子を見ながら時々かき混ぜられれば◎です!)

7. 8時間以上経ったら味を見てみましょう。
甘みが出ていればOK!出来上がりです☆

・おいしい飲み方&保存期間

そのままだとドロっとしていて飲みにくいので、
自分の飲みやすい程度に水で割って飲むのがベストです☆

米のつぶつぶ感が苦手な人は、
ミキサーでペースト状すると飲みやすいですよ。

保存は容器に入れて冷蔵庫で1週間程度が目安です。

もっと長期保存したい場合は小分け冷凍しておくとよいです。
飲みたいときに解凍すれば良いので便利ですよ。

■炊飯器の保温機能だけでOK!甘酒が超簡単に作れる☆

さて。次はさらに手軽に簡単に作れる甘酒の作り方です。
炊飯器の保温機能だけでサッと作ります。

材料ももち米は使わず、米麹だけで作ります☆

・材料

米麹  200g
お湯  400cc

・作り方

1.よく揉みほぐした米こうじとお湯(65度)を炊飯器の中に入れてよく混ぜます。

2.炊飯器の保温スイッチをオンにし、
蓋を全開にしたまま濡れ布巾をかぶせて5~6時間待ちます。

3.食べてみて甘みが出ている&麹の芯がなくなっていたら完成です☆

4.容器に移し替えて冷蔵庫で5日ほど保存可能です。

いかがですか?
本当に炊飯器の保温機能だけで作れるんです。
すごく簡単ですよね☆

■甘酒をアレンジ!ちょい足しレシピの紹介☆

甘酒をアレンジして飲んでみるのもおすすめですよ。

ちょい足しすることで、
またさまざまな効果がアップが期待出来るんです。

また味にも変化が出るので、「基本の甘酒に飽きたな~」
と思ったときなどにもアレンジ編はぜひおすすめですよ☆

【アレンジレシピ】

・甘酒+生姜(小さじ1)

甘酒に生姜をプラスすると体を温める効果あり!
冷え性の人におすすめ☆

ポイントは皮つきのまま摩り下ろして加えることです。
生姜の有効成分をしっかりと摂りこめます。

・甘酒+豆乳(1/3カップ)

甘酒に豆乳をプラスしてたんぱく質も一緒に補給しましょう!

さらに豆乳には大豆イソフラボンも含まれるので、
美肌効果も期待できます☆

飲み心地もすっきりとした味わいになって美味しいです!

・甘酒+ヨーグルト(大さじ1)

腸内環境の改善にもってこいのヨーグルト☆
便秘解消や宿便解消におすすめです。

動物性の発酵食品ヨーグルトと植物性の発酵食品甘酒の
ダブルパワーでさらなる腸内環境の改善が期待できます!

■甘酒の美容にもたらす効果がすごい!

甘酒は美容にもたらす効果がすごく期待できることでも知られています。

甘酒には、「ビタミンB群」「アミノ酸」「オリゴ糖」などの
栄養素がたっぷり含まれているので、
「飲む美容点滴」とも言われているんです☆

美肌を目指す人も美肌をキープしたい人も飲んでみる価値大きいですね!

また、麹には抗酸化作用も期待できるので、
アンチエイジングを意識している人にもおすすめなんです。
錆びない体を手に入れられそうですね。

ちなみに甘酒は朝と晩の2回、飲むことで、
さらに効果を実感しやすくなるのだとか☆

夜寝る前に飲むことで、酒かすに多く含まれる清酒酵母の作用で、
より良い睡眠の質が期待できるようです。

最近ではスーパーでもコンビニでも手軽に甘酒を手に入れることが出来ます。
手作りするのもおすすめですが、市販品も豊富な種類が揃ってます☆

美容と健康のためにぜひ食生活の習慣にプラスしたいですね☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする